【比、米・豪国に続き中国企業との取引を見直しか、制裁された中国企業の中には既に世界銀行でブラックリスト入り】

テオドロ・ロクシン(Teodoro Lopez Locsin)比外務大臣が28日、南シナ海への侵略に関与した中国企業との取引をやめるよう勧告したことを地元メディアが報じている。中国が26日、南シナ海へ中距離弾道ミサイルを…

さらに表示 【比、米・豪国に続き中国企業との取引を見直しか、制裁された中国企業の中には既に世界銀行でブラックリスト入り】

【中国、米政府命令があればWindowsOSサポートが停止する可能性も?中国経済に大打撃か】

米マイクロソフトは8月1日、新たなサービス規約を公開した。内容は現行規約(12責任制限)と全く同じだが、トランプ政権と中国共産党が対立を深まりつつある中、更に悪化すれば中国でのWindowsOSサポートが停止する可能性も…

さらに表示 【中国、米政府命令があればWindowsOSサポートが停止する可能性も?中国経済に大打撃か】

【原爆投下75年目、ヨーロッパでは未だ原爆投下は”正しい”!?が主流】

1945年8月6日、ヒロシマに原爆「Little Boy」が、同月9日にナガサキに原爆「Fat Man」が投下されてから75年目を迎えた。中国武漢が発生とされる新型コロナウイルス影響の下、2都市ともに平和祈念式典は開催さ…

さらに表示 【原爆投下75年目、ヨーロッパでは未だ原爆投下は”正しい”!?が主流】

【WTO事務局長代行選出、米中対立でトップ不在の異常事態!?2か月以上空席か】

世界貿易機関(WTO)が7月31日、来月の8月末に任期満了前に辞任するブラジル出身のロベルト・アゼベド(Roberto Azevedo)事務局長が辞任後の次期事務局長のつなぎとして代行を選出する協議を行ったが、米中対立の…

さらに表示 【WTO事務局長代行選出、米中対立でトップ不在の異常事態!?2か月以上空席か】

【イギリス有力者が「Huawei」を後押し、背後に中国の存在?本当の狙いとは】

元MI6(英情報機関)出身のクリストファー・スティール(Christopher Steele)氏と元外交官のアーサー・スネル(Arthur Snell)氏が執筆したレポート『China’s Elite Cap…

さらに表示 【イギリス有力者が「Huawei」を後押し、背後に中国の存在?本当の狙いとは】
heartbreak

【タイ、年間3万件のレイプ被害件数に党首が「売春合法化」発言】

タイでは「売春」は違法であるが、実際には許容されている。タイ文明党党首のモンコンキット(Mongkolkit)下院議員はこのほど、強姦などの性犯罪の増加に対応すべく売春や性具を合法化して性的欲求を発散させる必要があるとの…

さらに表示 【タイ、年間3万件のレイプ被害件数に党首が「売春合法化」発言】